Windows/Outlook Express/削除方法 (XP/2000)

本文書は,Microsoft Windows XP/2000 上の Outlook Express を削除する方法について解説したものです.

なぜこの文書が必要か?

Outlook Express を削除しようとしても,通常は Windows XP/2000 に備わっているファイル保護機能 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;222193 により,削除することはできません.

しかし,Outlook Express を必要としないユーザにおいては,利用しないアプリケーションプログラムがハードディスク上に存在し,実行可能な状態になっていることは,コンピュータウイルスへの感染予防の観点から好ましい状態であるとは言えません.

Outlook Express を削除する方法

オリジナルの記事は,Windows FAQ に載っています. http://homepage2.nifty.com/winfaq/c/oetips.html#987

以下のようにします.

  1. 以下のファイルをダウンロードしておきます.保存先は C ドライブの直下 (C:\) が良いでしょう.
  2. Windows が動作している場合は,電源を切る.
  3. Windows をセーフモードで起動する.
    • Dell の PC の場合は,起動直後に Dell のロゴが表示されたら F8 キーを押しっぱなしにします.Windows の起動メニューが表示されたら,「セーフモード」が反転していることを確認してエンターを押します.
    • IBM の Thinkpad の場合は,起動直後に IBM のロゴが表示されたら F8 キーを押しっぱなしにします.Windows の起動メニューが表示されたら,「セーフモード」が反転していることを確認してエンターを押します.
  4. Windows にログオンします.
  5. スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックして,`cmd' と入力してエンターを押します.黒い背景のウインドウが開きます.これをコマンドプロンプト窓とよびます.
  6. コマンドプロンプト窓に `cd /D C:\' と入力してエンターを押します.
  7. コマンドプロンプト窓に `rmoe5.cmd /delete' と入力してエンターを押します.
  8. Windows を再起動します.

以上で Outlook Express は削除されます.


添付ファイル: filermoe5.cmd 17785件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 19 Jun 2005 02:57:43 JST (3322d)